遺品整理業者を利用する方が増えている

遺品整理は遺族が行うのが一般的ですが、故人への思い入れがあるとなかなか作業が進まなかったり、遠くて行くのが大変であったり、大きな家具などが動かしにくいなど大変な作業でもあるため、遺品整理業者を利用する人が増えています。

遺品整理業者が行っているサービス

蝋燭

遺品の買取

遺品整理をすると、まだまだ使えるものでも貰い手がなく処分する物がたくさん出てきます。遺品整理業者は、家電製品や家具、骨とう品など、リサイクルやリユースが出来るものは何でも適正な査定価格で買取ってくれるサービスがあります。

遺品の供養

故人の愛用品や仏壇、写真など、念がこもっているものは不用品であっても捨てるのは忍びないものです。遺品整理業者なら読経や合同供養を行ったり、お焚き上げをして遺品を手厚く供養してくれたりするサービスがあるので安心して任せられます。

遺品整理後の清掃

遺品整理業者は遺品を整理するだけでなく整理後の清掃も行ってくれます。また、物が多くてゴミ屋敷のようになっていたり、汚れがひどい場合などは特殊清掃を行ってくれる業者もあり、床や壁のシミをきれいにしたり、消臭殺菌なども行ってくれます。

生前整理をする人もいる

近年は残された遺族に面倒やもめ事を残したくないという理由から、生前整理をする人もいます。生前整理は生活に必要なものは残し、価値のあるものは相続主を決めたり予め渡したりします。すべてを一度に行おうとせず、少しずつ行うと良いでしょう。

知っておきたい!生前整理と老前整理の違いについて

生前整理は残された遺族のために行う

生前整理を行う主な理由は、相続や遺品整理で遺族に面倒を掛けないように予め整理をすることです。死を意識したり、病気が発症したりしたのを機に行う人が多いようです。価値のある品物なども、自分で譲渡する人を決められるというメリットがあります。

老前整理は自分のために行う

老前整理は身の回りのものを整理するという意味では生前整理と同じですが、まだ体力のある40代や50代から始めるのが一般的です。元気なうちに不用品を処分するのが目的で、身軽でポジティブな生活が送れるようにしたり、生前整理の負担を減らしたりするという意味合いもあります。

兵庫で好評な遺品整理業者を厳選特集☆

生前整理や遺品整理の相談までできるのが頼れる遺品整理業者

ダンボール

生前整理の相談も遺品整理業者が聞いてくれる

生前整理は少しずつ自分で行うこともできますが、物がたくさんありすぎて何から手を付けていいのかわからない人もいるでしょう。そんな時は遺品整理業者に相談することもできます。不用品の仕分けや買取、処分なども行ってくれるので、不用品を効率的に処分できるというメリットがあります。物が急に少なくなるのが淋しい場合は、少しずつ減らしていくなど色々な要望に応えてくれる業者もあります。相続に関するアドバイスをしてくれるなど、整理する上で役立つ情報を色々教えてくれるのも便利です。

広告募集中